甘凛庵コンセプトプロフィールお知らせよくあるご質問ブログトップページへ戻る

お茶席

心得教室

出張します

お客さまの声

持ち物・服装


お申し込み・お問い合わせ


ただそれがやりたいからやる 【無功徳】


【無功徳】むくどく

梁の武帝は
たくさんの寺院を建立し
多くの写経をし、多くの僧侶を出家させた。

武帝は、
高僧として名高い達磨に尋ねた

 

「このようにいろいろやった私には、どれだけの功徳があるか?」

達磨の答えは
「無功徳(功徳なんて何もない)」
功徳を求めて行うのでは本末転倒。

ただそれがやりたいからやる
それ以上は求めない


お茶席で亭主がやることは
お茶室にいる喜びを感じ
心をこめてお茶を点て
穏やかな静寂の中にいること

お客さまとの
大切な空間を楽しむこと

ただそれがやりたいからやる