甘凛庵コンセプトプロフィールお知らせよくあるご質問ブログトップページへ戻る

お茶席

心得教室

出張します

お客さまの声

持ち物・服装


お申し込み・お問い合わせ


いろいろあったから(炉のはなし)



寒い時期 炭を入れ釜を据える場所

正確な寸法は知らなくても
どこのお茶室でも同じ大きさであることはわかる
(大きな炉もあるが「大炉」と特別な名前がついている)

同じ大きさなので
お点前のときに座る位置の目安にもなっている

いろいろな形の釜も
この炉の中に入る寸法に作ればどの茶室でも使える

決まっているもの
基準となるもの

もともとは囲炉裏の形で取り入れられ
大きさは定まっていなかった

決まっていなかった

いろいろなことが重なって
一番良い大きさに落ち着いた

いろいろあったから
一番心地良い、に落ち着いた

(2011.9.28)