甘凛庵コンセプトプロフィールお知らせよくあるご質問ブログトップページへ戻る

お茶席

心得教室

出張します

お客さまの声

持ち物・服装


お申し込み・お問い合わせ


【火は陽 水は陰】風炉(ふろ)と水指(みずさし)の置き位置


風炉(ふろ)と水指(みずさし)を並べて置くとき
風炉(ふろ)は左
水指(みずさし)は右に置きます。

風炉(ふろ)とは
炭火が入っていて、釜をかけて湯をわかすもの

水指(みずさし)とは
水を入れて置くもの

右が「陽」で左が「陰」
火が「陽」で水が「陰」

バランスをとるために
「陽」の火を左(陰)に置き
「陰」の水を右(陽)に置くのです

全体を整えるために
部分でもバランスをとってるのですね

※甘凛庵(かんりんあん)のお茶席は
 所作がわからなくても参加いただけます。

 

「お客さま」がいらっしゃっての「亭主」です。
 一緒に小宇宙に包まれませんか