甘凛庵コンセプトプロフィールお知らせよくあるご質問ブログトップページへ戻る

お茶席

心得教室

出張します

お客さまの声

持ち物・服装


お申し込み・お問い合わせ


【丸は陽 四角は陰】棚の形でかざる柄杓の向きを変えます


お点前の終わりに
棚の上に柄杓(ひしゃく)を荘る(かざる)ことがあります。

棚にもいろいろな形があって、
丸い棚のときは、
柄杓(ひしゃく)の合(ごう 水や湯を汲むところ)を下向きに、
四角い棚のときは、
柄杓(ひしゃく)の合(ごう)は上向きにして荘る(かざる)のです。

丸は「陽」で四角は「陰」
上向きは「陽」で下向きは「陰」

バランスをとるために
「陽」の丸棚には、下向き(陰)に荘り
「陰」の四角い棚は、上向き(陽)に荘るのですね。

全体を整えるために
部分でもバランスをとってるのですね


「お客さま」がいらっしゃっての「亭主」です。
 一緒に小宇宙に包まれませんか