甘凛庵コンセプトプロフィールお知らせよくあるご質問ブログトップページへ戻る

お茶席

心得教室

出張します

お客さまの声

持ち物・服装


お申し込み・お問い合わせ


持ち物・服装

お茶席
・持ち物
 特別に準備いただくものはありませんよ。
 お茶席で必要なものは準備しています。

 

・服装
 いつもどおりの格好でおこしください。
 着物でお出かけする機会にしていただくのも大歓迎です。


心得教室
 【お茶会に参加されることを目的とされる場合】
  着物に準じた服装をしていただきます。
  持ち物も、お茶会に必要なものを準備していただきます。
  (まず参加されてから、ご検討いただくこともできます。遠慮なく相談してくださいね。)

 

心得教室に参加される方の持ち物・服装ページへ

 

【茶道というより和の所作などに興味をもって参加される場合】
  いつもの服装でもOKです。
  持ち物も、必要に応じて揃えていくことも出来ます。


〜「甘凛庵」以外の茶席に行かれる場合〜

【持ち物】
 帛紗(ふくさ)ばさみ
   帛紗、懐紙、扇子、楊枝などを入れます。
 扇子(せんす)
   茶道用の扇子を使います。
   席入りのとき、挨拶するときなどに必要です。
 懐紙(かいし)
   お菓子をいただくときなどに使います。
 古帛紗(こぶくさ)
   お道具拝見のときなどに使います。
 楊枝(ようじ)
   主菓子をいただくときに使います。

 

 足袋(洋服の場合は白い靴下)
   茶室に入る前に履き替えます。
 風呂敷
   茶室に持ち込まない荷物をひとまとめにすると良いでしょう。


【服装】
着物(基本は、染めの着物に織の帯)
 洋服の場合は、肌が露出しすぎない着物に準じた服装(ワンピースなど)


髪はショートヘアーでない場合はひとまとめにしましょう。
  お辞儀したときにバサッと落ちてこないように。


マニキュアは塗らない、香水はつけない、アクセサリーはつけない。
おしゃれして出かけたくなるかもしれませんが、お茶席では「お茶を愉しむ」ことを第一とします。
亭主への敬意と感謝・お道具を大切に扱う気持ち・香も楽しむための心遣いです。